HOME 本学のCOC事業の取り組み

本学のCOC事業の取り組み

概 要

 

「グローカルな知の拠点となる大学」、「未来の実践的な担い手を育てる大学」、及び「地域に開かれ地域と向き合う大学」を理念 -目的として掲げる本学では、 これまで地域に根ざすフィールドワークなどの実践的な少人数教育を推進して参りました。

平成25年度より文部科学省「知(地)の拠点整備事業」の選定を受け、本学では、実際の地域課題の解決に向けた一連の検討プロセスを実践的な教育・研究活動の場として捉え、教員 ・学生による多様な地域活動への参加を通じて地域課題の解決を目指します。

また、地域課題解決プロセスに基づいて取組を推進するために、重層的かつ未来思考の対話の場を新たに「山梨県立大学フューチャーセンター」と位置づけ、地域課題の理解を深め、地域と大学または大学内部の相互理解を醸成することで、地域ニーズと大学シーズとのマッチングを図ります。

さらに地域との対話の場を通じて、各地域での取組成果から得られた「課題解決モデル」を県内全域に情報提供することにより、地域全体での課題解決に向けた取組を推進します。

gaiyou_01

未来思考の重層的な対話の場「山梨県立大学フューチャーセンター」
 地域課題解決プロセスに基づいて取組を推進するためには、地域と大学が継続して対話を重ねることにより、地域課題の共有・共感を深め、地域と大学が新たな地域の未来を共創することが必要であると考えます。
 本取組では、①首長―学長のトップレベルによる今後の政策方針にかかる会談、②各地域活動や課題解決方法の検討などを通じた自治体担当者や地域住民と教員・学生との対話、さらには③学内での学生間・教員間の対話まで、重層的かつ未来思考の対話の場を「山梨県立大学フューチャーセンター」と名付けました。この継続的な対話の場を設けることにより、地域と大学、または大学内部の相互理解を通じて「地域志向」の強化を図っていきます。
gaiyou_02
実践型教育・研究活動における「地域課題解決のプロセス」
 本取組では、地域課題の解決を効率的・効果的に行うための4つのプロセスを、調査・研究(Research)、計画(Plan)、実践(Do)、評価・検証(Check)からなるRPDCサイクルとして捉えます。このサイクルを教育カリキュラムに取り入れ、一連の活動に学生が継続して参加することを通して、地域活動と連動した学びのサイクルを構築します。それにより、「地域社会の発展に向けて自らが主体的に学び、キャリアをデザイン出来る人材」を育成します。

 

pdficon_small[1] 平成28年度「地(知)の拠点整備事業」実績報告書

pdficon_small[1] 平成27年度「地(知)の拠点整備事業」実績報告書

pdficon_small[1] 平成26年度「地(知)の拠点整備事業」実績報告書

pdficon_small[1]  平成25年度「地(知)の拠点整備事業」実施報告書