HOME 本学のCOC事業の取り組み 地域戦略総合センター

地域戦略総合センター

概要

地域志向を強化した教育・研究・社会貢献活動に取り組むためには、学内外との連携を強化しな

がら、地域課題の解決に向けてこれら3つの活動の足並みを揃えていくことが重要となります。

そのための連絡調整及び地域志向促進の仕組みとして、本事業では既存の地域研究交流センター

内に、新たに学長直属の全学的な取組組織となる「地域戦略総合センター」を設置しました

(平成25年9月設立)。

具体的には、学内外のハブ機能として、以下の業務を担います。

 

1.フューチャーセンター(対話の場)の運営と地域活性化政策の立案支援
2.地域、連携機関、学内との各連絡調整会議の運営
3.地域志向教育研究プロジェクトの推進支援
4.評価委員会の運営
5.調査研究機能 など
.

ucrs.png
図:地域戦略総合センターをハブとした実施体制

 

 

 

 

 

スタッフ

センター長
清水 一彦(学長)
副センター長
佐藤 文昭(理事)
二戸 麻砂彦(地域研究交流センター長・教授)
ディレクター
澤 伸恭(特任教授)
コーディネータ
久保川 千春
保坂 美香
望月 理恵
小池 一正